SSLデジタル証明書

SSLデジタル証明書

SSLデジタル証明書とは

顧客の個人情報をサイト上で伝送する時に、暗号化を掛けないと、そのデータが簡単に盗まれる可能性があります。サイト上でデータを暗号化するために、SSLデジタル証明書が必要です。その証明書があれば、顧客は安心してWebサイトをご利用いただけます。

スタートSSLデジタル証明書
  • RapidSSL暗号化
  • 256-bit SSL暗号化
  • 当日発行可能
  • 簡単インストール
  • サイトシール
  • 99%のブラウザーに対応
  • 無料サポート
  • 再発行可能
  • wwwとwwwなしでも対応


個人、SOHO、少企業にお勧め


1年間 9000円

Thawthe SSL123 デジタル証明書
  • OCSPプロトコール
  • 256-bit SSL暗号化
  • IDNS対応
  • 電子認証シール
  • 当日発行
  • ダイナミック電子認証シール
  • 99%のブラウザーに対応(携帯)
  • 無料サポート
  • 再発行可能


少企業、商用サイト、個人データーを扱うWebサイトにお勧め

1年間 13000円

GeoTrust QuickSSLデジタル証明書
  • ジオトラスト独自の自動認証
  • 256-bit SSL暗号化
  • 4階層(中間CA証明書+クロスルート証明書)
  • 当日発行
  • ダイナミック電子認証シール
  • 99%のブラウザーに対応(携帯)
  • 無料サポート
  • 再発行可能
  • wwwとwwwなしでも対応

商用サイト、クレジット決済を扱うサイトにお勧め

1年間 18000円

GeoTrust EVグリーンバー証明書
  • ジオトラスト独自の自動認証
  • 256-bit SSL暗号化
  • 4階層(中間CA証明書+クロスルート証明書)
  • 当日発行
  • ダイナミック電子認証シール
  • 99%のブラウザーに対応(携帯)
  • 無料サポート
  • 再発行可能
  • wwwとwwwなしでも対応

銀行、個人データ、クレジット決済のサイトにお勧め

1年間 29000円

EV 証明書とは

EV 証明書はExtended Validation 証明書のことで、普通のSSL証明書に比べればもっと安全だと言われています。普通のSSL証明書とEV 証明書は暗号化方式は同じですが、発行手続きとブラウザーのでの表示は違います。

EV 証明書の発行手続き

普通のSSL証明書の場合は、発行手続きは簡素化されています。オンラインで申請して、すぐに発行してもらえます。SSL証明書には申請者が入力した情報が記載されていますが、その信頼性は大抵の場合はチェックされていません。

ところが、EV 証明書になると、SSL証明書を発行してもらうために、SSL証明書に記載される登録情報を証明しなければなりません。申請者が様々な書類を提出しなければ審査を通らないわけです。そんな承認手続きがあるからこそ、EV 証明書の方が安全だと言われています。

EV 証明書の表示

EV 証明書と普通のSSL証明書はブラウザーでの表示が異なります。EV 証明書の場合は鍵マークが緑色になっていて、その証明書を使っているサイトの名前が書いてあります。下記はIE9での表示ですが、全ての人気ブラウザーではEV 証明書がサポートされていて、同様に表示されています。

EV 証明書

GD Star Rating
loading...
SSLデジタル証明書, 10.0 out of 10 based on 1 rating
facebooktwittergoogle_plus