サーバー種類

ホスティング業者は様々なサーバー種類を提供していますが、特定のプロジェクトに会ったサービスはどれでしょうか?どのようなホスティングサービスのサーバー種類が会って、それぞれどう違うのでしょうか?
A&I Webホスティングでご利用いただける サーバー種類 はこちらでご確認いただけます。

無料のウェブホスティングサービス

無料ウェブホスティングサービスは“無料”だけあって、有料ホスティングに比べれば、機能が制限されています。また、広告が掲載されることも多いです。共用サーバーを複数のユーザーが利用するのが一般的です。

ウェブホスティングサービス (共用サーバーとも言う)

あなたのウェブサイトは数十から数百、多いものでは数千にも及ぶ他のサイトと同じサーバを共有します。サーバのメモリやCPUなども共用されます。共用ホスティングはホスティングリセラーを通して提供されることもあります。

リセラーによるウェブホスティング

リセラーは再販のことで、ホスティング会社の顧客がそのホスティングサービスを自分で再販するということです。ホスティングプロバイダーによっては、リセラーのプランも異なります。共用ホスティングから始めて、リセラーが所有する専用サーバまで色々あります。

仮想専用サーバ (VPS、バーチャルプライベートサーバーとも言う)

サーバはいくつかの仮想専用サーバに分けられます。利用方法は専用サーバとそれほど変わらないので、それぞれの利用者は専用サーバを使っているようです。利用者にルート権限が与えられることもあります。

専用サーバー

利用者はウェブサーバを丸ごと使えるようになります。サーバの諸設定も変更できます。Linuxの場合はルート権限、Windowsの場合は管理者権限があるためです。それでも、顧客はサーバをレンタルするだけで、所有しているわけではありません。物理的なハードウェアまで顧客が自身で管理するというホスティングプランもあります。プロバイダーによる管理の手数が省かれるため、専用サーバプランの中でも自分自身で管理するプランは最も安いのです。その場合、安全と管理の責任は当然ながら顧客に移行します。

マネージド専用サーバー (専用管理ホスティングサービスとも言う)+

専用管理ホスティングサービスは専用サーバのことですが、設定の大部分は利用者ではなく、ホスティング会社が請け負います。Linuxの場合はルート権限、Windowsの場合は管理者権限がありません。ただし、データの管理は顧客がFTPなどのツールを用いて自分で管理できます。ホスティング会社は、サービスの品質、安定した運営や安全を保証できるよう、全ての管理権限を顧客に与えていないのです。そのようなサーバは、通常レンタルサーバであり、顧客のものではありません。

コラケーション・(専用サーバーハウジングとも言う)

コラケーションサービスは専用サーバに似ていますが、コラケーションの場合は顧客はサーバのハードウェアも所有しています。ホスティング業者は回線とデータセンターでの場所を提供するだけです。そのホスティングタイプは最もよいパフォーマンスを得られますが、ホスティング代は割高となります。ホスティング業者は電気、インターネット回線、場所のみならず、管理サービスを提供することもありますが、顧客は通常自分自身でデータセンターに訪れ、自分でハードウェアのアップグレードなどの変更を行います。

以上のホスティングのサーバー種類について各サービスのページで更に詳しく説明致します。
GD Star Rating
loading...
サーバー種類, 10.0 out of 10 based on 2 ratings
facebooktwittergoogle_plus