Linuxサーバー Windowsサーバー Ruby, PostgreSQL, MySQL, PHP5, EC

Posted in: ニュース- May 17, 2012 Comments Off

Linuxサーバー 共用

Windowsサーバー 専用

Linuxサーバー 、Windowsサーバーとは?

一般的には「Linuxサーバー」、「Windowsサーバー」と呼ばれていますが、正確にはLinuxのオペレーティングシステム(Operating System, OS)がインストールされているサーバーと、Windowsのオペレーティングシステムがインストールされているサーバーです。

オペレーティングシステムとは、パソコンの基本的な環境のことで、他のアプリケーションをインストールするために必要となります。日常生活では、Window 7、Windows XP、もしくはMacユーザーはMac OSを使っています。

サーバーにもオペレーティングシステムがインストールされています。そのOSはサーバーのニーズに最適化されているので、WindowサーバーにはWindow 7とかWindows XPではなくて、Windows Server 2008がインストールされています。

Linuxサーバーも同様です。サーバーのニーズに最適化されたLinuxのOSがインストールされています。

どうしてOSはそんなに重要かというと、一つのOS向けに開発されたアプリケーションは別のOSで起動しないからです。例えば、Mac用のアプリケーションはWindowsで起動しませんね。同じように、Windowsサーバー向けに開発されたアプリケーションはLinuxサーバーでは起動しません。
従って、サーバーの種類を決める前に、そのサーバーで何をやりたい?そのサーバーでどんなアプリケーションを使いたいか検討してみてください。

従って、サーバーの種類を決める前に、そのサーバーで何をやりたい?そのサーバーでどんなアプリケーションを使いたいか検討してみてください。

 

簡単に申し上げますとLinuxかWindowsかどちらを選ぶときのポイントは、Webサイトの開発言語で決まります。例えば、PHPかCGI+MySQL, PostgreSQLで作られたシステムを運用する場合、Linux系のサーバーをご利用ください。ASP, .Net Framework + MS SQLかAccessが採用されているWebサイトはWindowsサーバーが必要となります。逆に、Webサイトの開発言語を選ぶ際、サーバーのことを頭に入れて決断しなければなりません。

では、それぞれの項目でLinuxサーバーとWindowsサーバーを比較してみましょう:

コスト:

Linuxサーバーの場合、サーバー本体以外のコストはかかりません。OSライセンス料金、ファイアーウォールライセンス料金、データベース(MySQL, PostgreSQL など)のライセンス料金は一切かかりませんので、同じのスペックのサーバーでもLinuxのほうが安く借りることができます。Windowsサーバーの場合、サーバー本体のレンタル料以外に、Windows OS ライセンスレンタル料 月額4500円~、MS SQL Database Serverデータベースサーバーライセンス料 月額15.000円~、ファイアーウォールライセンス料 月額4000~ などの料金が発生します。

 

パフォーマンス:

基本的にはLinux系のサーバーのほうが早いです。なぜならば、OSの構成が優れており、余計なライブラリーやモジュールが入っておらず、グラフィックインターフェイス(GUI)もインストールされていないからです。そのおかげでWindowsサーバーよりサーバー本体のリソースを効果的に利用しており、同じアクセス処理数でもCPUの負荷が低いです。ただし、データベースのパフォーマンスを考慮しますと、今度、Windowsサーバーのほうが優れています。読み込み・書き込みのコマンドが非常に多いWebサイト(Webアプリケーション)の場合、Linuxで稼働しているMySQL, PostgreSQLよりも、Windowsで稼働しているMS SQLのほうが効率良くサーバーのリソースを利用してデータベースの処理を行えます。したがって、アクセスが多くて、複雑なデータベースシステムを利用しているWebシステムにはWindowsサーバー+MS SQL 2010が望ましいです。

 

セキュリティ:

Linuxサーバー がWindowsサーバーよりセキュリティが優れているという意見がありますが、実際にはWindowsもLinuxも専門家によるセキュリティ対策が必要です。

まず、Linuxはオープンソースですので、だれでもコードを見てセキュリティホールを簡単に見つけることができます。それで、セキュリティフィックスは直ちにアップデートとして提供されるのが一般的です。Windowsの場合、コードは見れませんので、セキュリティの問題が比較的に発見されにくいですが、セキュリティの問題が発見されたら、それを治すにはしばらく時間が掛かるケースが多いです。

どちらのサーバーにも必ずファイアーウォールをインストールし、正しく設定する必要があります。すでに述べておりますように、Linuxの場合、標準で iptables というシステムがインストールされており、更に、APFもしくはCSFという優れているファイアーウォールを無料でインストールできます。Windowsのサーバーはファイアーウォールライセンスの購入が別途必要です。

 

サーバーのアクセス:

WindowsサーバーはRDP (Remote Desktop)リモートデスクトップアクセスとうシステムがあります。まるで、家のパソコンを使っているかのように数千キロ離れたサーバーでもRDPで接続して設定できます。とても便利なシステムなんですが、サーバーのCPUとRAMを使っており、Offに設定することができません。Linuxの場合、リモートデスクトップは存在せず、コマンドラインしか利用できません。SSHでアクセスして、サーバー内の設定やファイル修正を行えます。Windowsのリモートデスクトップほど便利ではないかもしれませんが、サーバーのCPUやRAMに負荷を与えずに済みます。

社内(家で)作ったファイルをサーバーにアップロードするにはFTP使います。WindowsサーバーもLinuxサーバーも標準でFTPサーバーをインストールすることができますが、Microsoft Windowsの標準のFTPサーバーは安定性とセキュリティの問題があり、LinuxのFTPサーバーほどよくありません。もちろん、Windows サーバーにサードパーティー製のFTPサーバーソフトをインストールすることが可能ですが、普通はWindows向けの良質なFTPソフトは有料であり、高額です。

SFTPはLinuxのみで利用できます。Root権限でサーバーのファイルをFTPクライアントでアップロードしたり編集したりできるシステムです。

Windowsサーバーの特徴


Windowsサーバーで他のMicrosoftアプリケーションやフレームワークが使えます。ASP(動的ページで使われるプログラミング言語)が必要であれば、Windowsサーバーを選ぶほかにありません。また、Windowsサーバーでとても優れたデータベース管理システムMS SQLも使えます。

Windowsサーバーの最大の欠点は有料だということです。また、OSだけでなく、ファイアーウォール、リモートアドミンツール、ASP Encrypt、 ASPMailなどの必要なアプリケーションも有料なので、一台のサーバーを整備するにはかなりお金が掛かります。

ですので、それらの費用はホスティング会社が先に負担しているため、顧客側からすれば、Windowsサーバーのレンタル料金はなぜかLinuxより高くなっているということだけが分かります。

Windowsサーバーでは

・IIS Web Server

・リモートデスクトップを利用できます。

・ASP プログラミング言語をご利用できます。

・ASP .NET Framework 2.0, 3.5, 4.0を利用できます。

・優れたデータベース管理システムMS SQL Server Database 2003, 2008, 2010 が使えます。

・PHPと MySQLも利用できます。

・Adobe Coldfusionがインストールできます

 

Linuxサーバーの特徴


LinuxはオープンソースのOSで、たくさんのボランティアのプログラマーによって開発されてきました。実はLinuxはOSの中心部だけで、サーバーで使われるLinuxはその中心部をカスタマイズしたものです。カスタマイズされたバージョンはたくさんあります。最も有名なのは、Red Hat、 Fredora、 Debianなどです。Red Hat Enterprise以外、LinuxのOSバージョンは無料です。おかげでレンタルサーバーの値段も安くなっています。他に必要なアプリケーションAPF Firewall、 Apache、 Sendmail、 BINDなども無料かもしくは低額で購入できます。

Linuxサーバーでは

・Apache Web Server

・サーバーのCPUとRAMを効率よく利用しています。

・PHP, CGI, Tomcat言語と無料のデータベース管理システムMySQL, PostgreSQLも利用できます。

・Mod Rewriteがサポートされています。

・Chmodファイルパーミッション

 

このように、WindowsサーバーにもLinuxサーバーにもいい特徴があります。絶対的にどちらかがいいというわけではありませんが、ASP、.Net Framework, MS SQLなどのWindowsでしか稼働しないアプリケーションや言語を使わなければならない場合は、Windowsサーバーに限ります。PHP言語だけを使う場合は、Linux系のサーバーがいい選択肢です。また、何がなんだかよく分からないけど、とにかく安く費用を抑えたいというお客様にとっては、Linuxサーバーがいいと思います。

A&I Web ホスティングでは、WindowsサーバーにもLinuxサーバーにも対応しています。サーバーの選択で迷うことがありましたら、お気軽にA&I Web ホスティングにお問い合わせください。

 


A&I Web Hosting は世界1 Linuxサーバー サービス、専用Linuxサーバー、VPS仮想専用サーバー、ドメイン登録、Linuxサーバー管理サービスを提供しております。世界中で最先端のネットワークを利用しているデータセンターでサーバールームを設け、Windows, Linuxなどのプラットホームに基づき、個人の簡単なWebサイト大規模のビジネスのポータルサイトも安心してホスティングサービスをご利用できます。レンタルサーバー、ホスティングサービス、サーバー管理のことなら、A&I Web Hostingにお任せください
Brand: A&I Web
Manufacturer: Linux
JPY980 New

GD Star Rating
loading...
Linuxサーバー Windowsサーバー Ruby, PostgreSQL, MySQL, PHP5, EC, 8.6 out of 10 based on 10 ratings
facebooktwittergoogle_plus
Comments are closed.