海外サーバーを経由する方法

Posted in: ニュース- Sep 30, 2013 Comments Off

海外サーバーを経由して、インターネットをアクセスする理由は人によって、様々ですが、一般的にはプライバシー保護とか迷惑メールなど未承諾広告を避けることなど考えられます。実際にはどのようにして海外サーバー経由でインターネットをアクセスできるか2つの方法をご紹介致します。 海外サーバーを経由する方法についてご質問が有りましたら、どうぞお気軽にA&I Web サポートまでお問合せ下さい。 海外サーバーを経由する方法 ① ― Windows Remote Dektop (リモートデスクトップ) 経由でアクセスする方法 海外サーバーを経由する方法 ② ― Proxyサーバーを設置し、ご利用のPCのインターネット接続設定でProxyサーバー経由でアクセスするように設定する方法 それでは、詳しく各方法の利点と欠点を探ってみましょう。 海外サーバーを経由する方法 ① ― Windows Remote Dektop (リモートデスクトップ) 経由でアクセスする方法 こちらの方法はより簡単で、特別な知識が全く必要がありません。海外のWindowsサーバーのRemote Desktopにログインさえできたら、だれでも簡単にアクセスできます。では、海外サーバーのRemote Desktop経由でインターネットをアクセスするには何が必要でしょうか? 1)まず、海外のWindowsサーバーが必要です。LinuxのデスクトップPCにもRemote Desktop機能がありますが、サーバーは、ほとんどの場合インストールされていません。共用サーバーでWindowsのRemoteDesktopにログインできるケースが非常に珍しいので、専用サーバーを借りる必要があります。 リモート デスクトップは、ネットワークまたはインターネットを経由して 2 台のコンピューターを接続します。接続すると、接続先のコンピューターの前にいるかのようにリモート コンピューターのデスクトップが表示され、そのプログラムやファイルにアクセスできます。 この機能は Windows XP, Windows 7, Windows 8のすべてのエディションで使用できますが、接続先は、Professional、Ultimate、Enterprise のいずれかのエディションを実行しているコンピューターである必要があります。 Windows専用サーバーのAdministratorログイン情報さえあれば、簡単に海外サーバー経由でどこへでも接続できます。 STEP 1 ― Remote Desktop (リモートデスクトップ)アプリケーションを起動します: STEP 2 ― 「オプション表示」をクリックし、WindowsサーバーのIPアドレスとログイン(Administrator)を記入し、接続ボタンをクリックします。 STEP 3 ― Windows Remote Desktop (リモートデスクトップ)に接続したら、サーバーのブラウザーを起動し、インターネットサーフィンできます。全てのトラフィックは海外サーバーを経由したアクセスとなり、IPアドレスも海外サーバーのIPアドレスとなります。   海外サーバーを経由する方法 ① ― Windows Remote Dektopの利点は、簡単でだれでもすぐに使えることなど上げられます。一方、欠点としては、Windows Remote Desktop機能付きでの無料サーバーはまずありません。それで、Windows専用サーバーまたはWindows のVPSサーバーの費用が発生します。Windowsサーバーのりよう料金がLinuxより高いです。または、RemoteDesktopを利用する際、多少ラグが発生するので、ビデオを見るなどには向いていません。 海外サーバーを経由する方法 ② ― LinuxサーバーでProxyサーバーを立ち上げて、Proxyサーバー経由でアクセスする方法 この方法の場合、既存のProxyサーバーを探すか自分でProxyサーバーを設定することが必要です。無料または有料で使える第三者が管理しているProxyサーバーは数多くありますが、すぐに使えなくなるProxyサーバーが多いのとどこまでプライバシーが保証されるかは不明なところが非常に多いですから、自分でProxyサーバーを立ち上げる方法をご紹介致します。 自分でProxyサーバーを立ち上げるには相当Linuxの知識が必要です。未経験者の場合、充実したサポートを提供している海外サーバー会社に頼んだほうがいいでしょう。 […]

後悔しない 海外サーバー

Posted in: ニュース- Sep 12, 2013 Comments Off

A&I Webで提供しております 海外サーバー は4種類あります: 共用サーバー、専用サーバー、VPSサーバーとクラウドサーバーです。 専用海外サーバー 月額16,000円~ Linux/Windows/FreeBSD等/専用回線有 root権限有り 完全にど独立したサービスで、お客様がサーバー1台を丸々ご利用いただくホスティングサービスです。他のWebサイトへのアクセスにより影響されないことはもちろん、高スペック高性能のため、大規模なWebショップ、アクセスの多い商用Webサイト、ポータルサイト、メディアやストリーミングWebサイトに適したサービスです。接続が安定しており、アクセス速度も他のサービスより早いため、予算の余裕がある普通のWebサイトにもお勧めです。最もパーワーのあるサーバー種類です。 専用 海外サーバーのご利用料金表 共用海外サーバー 月額980円~ Linux/Windows/PHP/CGI/Tomcat/Coldfusion MySQL, PostgreSQL, MS SQL 2008 root権限無し お気軽にご利用いただけるホスティングサービスです。使いやすいコントロールパネル(日本語)をご利用でき、設定が初心者のお客様でもご利用いただけるよう丁寧にサポートさせていただきます。 個人様のWebサイト、写真ポルトフォリオ、初めてのWebサイトや待ち受けページ、小規模のWebショップに最適なサービスです。 共用 海外サーバー のご利用料金表はこちら クラウドサーバー 月額13万円~ Linux/PHP/CGI/Tomcat/MySQL 100%稼働率 root権限有り 最新クラウドネットワーキング技術を採用することによって、ホスティングサービスの初期費用を抑え、アップグレイド・ダウングレイドの時の手間やダウンタイムをゼロにすることができます。アクセス数の多いブログ、ソーシャルゲームのサイト(アプリ)、コーポレートサイトなどにお勧めいたします。 アクセス状況の応じて、サーバーの増設は数分以内に簡単に実現できます。ソフト開発や社内情報交換を効果的に行うため、VPNプライベートネットワークを構築できます。また、万が一の場合に備え簡単に復元できるバックアップ用のサーバを採用します。 クラウドサーバーのご利用料金表はこちら 海外VPSサーバー 月額10,000円~ Linux/PHP/CGI/Tomcat/ 専用RAM,CPU root権限有り 一台の専用サーバーを数台のホスティングスペースに分けられているので、一見して共用サーバーホスティングサービスに似ていますが、Rootアクセス、専用RAMや専用CPUリソースが保証されていますので、どちらかと言えば、専用サーバーに近いサービスです。同サーバーへのアクセスが急に増えたとしても、共用サーバーのように影響がでません。設定の柔軟性、安定性を求めているが専用 海外サーバー ほどの高スペックがいらないお客様にお勧めです。 VPS 海外サーバーのご利用料金表はこちら   海外サーバーの設置国 海外サーバーと言いますと、アメリカのサーバーを指していることが多いですが、当然ながらアメリカ以外の国々でもサーバーを借りることが可能です。ただし、アメリカはインフラが非常に発展しており、サーバーの管理費が一番安く実現できるので、ほとんどの海外ホスティング業者はアメリカのサーバーのみ提供しています。ところが、最近アメリカの法律は変わりつつあり、コンテンツの規制や著作権関係の規制が大変厳しくなっているので、アメリカのサーバーで対応できないケースがあります。その時、ヨーロッパの国々のデータセンター(フランス、オランダ、スウェーデンなど)で設置されているサーバーを借りる選択肢があります。ヨーロッパのサーバーをご検討していらっしゃる方はぜひ、A&I専用サーバーをご検討下さいませ。 海外サーバー日本語サポート ただし、フランス、オランダ、スウェーデンなどのヨーロッパのサーバー会社でサーバーを借りようとすれば、日本語どころか英語サポートさえしていただけないのは現実です。サービスをスタートして以来、ビジネスユーザのみなさまのご要望にお応えするため、私たちはグローバルなサポート体制の強化に努めてきました。これまでお客様には主にメールでのサポートを提供してきておりましたが、多くのみなさまよりご要望を頂いていた電話での24時間サポートもご提供するようになりました。A&I Web Hostingが運営しているデーターセンターの海外サーバーご利用いただく場合、24時間365日お客様をしっかりサポート致します。弊社のスタッフが親切・丁寧にご説明させて頂きます。ご質問がある方、どうぞお気軽にお問合せください。 海外サーバーの利点と欠点 海外サーバーと国内サーバーはどちらを選ぶべきか?新しいWebサイトや大きなWebプロジェクトを始める際、どのデベロッパーでも思い浮かぶ悩みです。海外サーバーと言うっても、設置場所、プロバイダー、スペックは様々ですから、比較しにくいのですが一番大きな違い下記の表に収まっています: 海外ホスティングサーバーの利点: アメリカに設置されている専用サーバーまたは共用サーバーは日本国内サーバーより安いです。同じスペックのサーバーと同じ帯域の回線を比較すると、アメリカのほうがデータセンターの規模が日本よりずっと大きく、土地や設備の値段が安いため、経費hが安く済みます。データセンターにはサーバー自動監視システム、リモート再起動など自動化システムが充実しており、人件費が抑えられます。最終的にはサーバーの値段も安いです。 国内サーバーの規約では国内サーバーにはアップロードできないデーター(アダルト系サイトなど)海外サーバーならOKのものもあります。(日本国内向けのサイトの場合は法律に準拠する必要があります。)国によって公開できるコンテンツとか販売できる商品が異なっておりますので、サーバーにデーターをアップロードする前に、詳しく調べる必要があります。 […]

サーバー海外

Posted in: ニュース- Mar 29, 2013 Comments Off

A&I Webでは4つのタイプの サーバー海外 サービスをご提供しております: 専用サーバー海外、共用サーバー海外、VPSサーバー海外とクラウドサーバー海外サービスです。 共用サーバー海外 月額980円~ Linux/Windows/PHP/CGI/Tomcat/Coldfusion MySQL, PostgreSQL, MS SQL 2008 root権限無し 共用サーバーは高性能の1台のサーバーを複数のユーザーで共有することによってお手頃な価格でご提供できるサーバー海外サービスです。使いやすいコントロールパネル(日本語)をご利用でき、設定が初心者のお客様でもご利用いただけるよう丁寧にサポートさせていただきます。 簡単な写真集のWebサイト、個人様のブログなど、待ち受けページ、小企業のWebサイトに最適なサービスです。 共用 サーバー海外 のご利用料金表はこちら 専用 サーバー海外 月額16,000円~ Linux/Windows/FreeBSD等/専用回線有 root権限有り サーバー1台丸ごと一人のお客様が利用する100%にど独立した信頼性の高いサーバー海外サービスです。サイトの希望に合わせてサーバーを選択出来ますので、小さなネットショップから、大希望なポータルサイトや動画配信サイトに対応可能です。接続が安定しており、アクセス速度も他のサーバー海外サービスより速いため、予算の余裕がある諸規模のサイトにも最適です。「サーバーダウンしたら困る」、「アクセスが遅いと困る」というお客様にお勧めです。 専用 サーバー海外 のご利用料金表 VPS サーバー海外 月額10,000円~ Linux/PHP/CGI/Tomcat/ 専用RAM,CPU root権限有り VPSサーバーは仮想専用サーバーとも言います。専用サーバーですので、root権限があり、必要なソフトをご自由にインストールし、設定はご自由に好きなとき変更出来ます。ただし、100%の意味で専用サーバーではありません。なぜならバーチャルソフトを利用して1台の専用サーバーを数台の専用サーバーに分けているからです。それでも、CPUとRAMがどこまで使えるか制限されているので、他のVPSサーバーに影響されることがありません。低めのスペックの専用サーバーだと考えていただいても結構です。同サーバーへのアクセスが急に増えたとしても、共用サーバーのように影響がでません。設定の柔軟性、安定性を求めているが専用サーバー ほどの高いスペックが必要としない方にお勧めのサーバー海外サービスです。 VPS サーバー海外 のご利用料金表はこちら クラウド サーバー海外 月額38,000円~ Linux/PHP/CGI/Tomcat/MySQL 100%稼働率 root権限有り 最新クラウドネットワーキング技術を採用することによって、ホスティングサービスの初期費用を抑え、アップグレイド・ダウングレイドの時の手間やダウンタイムをゼロにすることができます。アクセス数の多いブログ、ソーシャルゲームのサイト(アプリ)、コーポレートサイトなどにお勧めいたします。 アクセス状況の応じて、サーバーの増設は数分以内に簡単に実現できます。ソフト開発や社内情報交換を効果的に行うため、VPNプライベートネットワークを構築できます。また、万が一の場合に備え簡単に復元できるバックアップ用のサーバを採用します。 クラウド サーバー海外 のご利用料金表はこちら サーバー海外の設置国 海外サーバー と言いますと、米国のデータセンターのサーバーが思い浮かびます。ですが、アメリカ以外の国々でも(フランス、オランダー、スウェーデン、中国など) サーバー海外 を借りることができます。アメリカはデータセンターのインフラが充実しており、サーバーの管理費が一番安いです。多くの海外ホスティング会社はアメリカのサーバーだけを扱っています。ただし、最近アメリカの法律は変わりつつあり、サーバー海外にアップロードできるコンテンツの規制や著作権関係の規制が大変厳しくなっているので、アメリカのサーバーで対応できないケースがあります。このような場合、状況に応じてフランス、オランダ、スウェーデン、中国などで設置されているサーバーを借りる選択肢があります。サーバーを海外で借りることをご検討していらっしゃる方はぜひ、A&I専用サーバーをご検討下さいませ。 サーバー海外 日本語サポート アメリカ以外のサーバー海外を借りようとすれば、日本語はもちろん、英語もサポートしてもらえないケースが多いです。これまでお客様には主にメールでのサポートを提供してきておりましたが、多くのみなさまよりご要望を頂いていた電話での24時間サポートもご提供するようになりました。A&I Web […]

ASP.NETホスティング

Posted in: ニュース- Mar 29, 2013 Comments Off

ASP.NETホスティングを選ぶときはいくつかの注意点があります。 まず、ホスティングする予定のファイルをチェックし、どれだけのディスク容量を確保すべきか検討してみてください。最近1GB 当たりのホスティング代はそれほど高くないです。また、余分にディスクスペースを残しておかないよう気を付けましょう。ASP.NET、HTMLファイルや画像ファイルも最適化することで、ディスク容量を節約できます。また、ファイルサイズが小さい方は、ウェブページが早く表示されます。 ASP.NETホスティングを選ぶ際、転送量も重要なポイントです。ウェブサイトは数十の画像ファイルといくつかの小さなページからなる場合、転送量は大して量にはなりません。一方、MPEG、MP3、高画質な写真などサイズの大きなファイルがある場合、ページを迅速に表示するため転送量が重要です。 多くのホスティング会社はASP.NETホスティングを提供する際、MySQLまたはAccessのような基本的なデータベースしか用意していませんが、MSSQLも用意してくれるホスティング会社もあります。中小企業の場合、通常であればAccessとMySQLで充分ですが、データベースへの負担が大きくなりそうな場合には、MSSQLと大きな転送量を確保しておく方がよいでしょう。 ASP.NETホスティングを選ぶ際、回線の太さと稼働率も重要なポイントです。既存の回線と予備の回線についてホスティングプロバイダーに確認してみてください。また、稼働率も調べて、他のお客さんが満足しているかどうかについてのレビューも読み、細かいところまでチェックしましょう。 ホスティング代が最も安いASP.NETホスティング会社はサービスに問題があるかもしれないので、気をつけましょう。長年ホスティングを提供してきた業者ですと、より安心・安全です。また、サポート体制も忘れてはいけません。サポートについては通常、ホスティング会社のウェブサイトに記載されています。24×7サポートと緊急連絡先がある方がいいです。   ASP.NETはActive Server Pages .NETの略で、Microsoft社が開発・提供しているWebアプリケーションフレームワークです。動的なウェブサイトやWebアプリケーションやXML Webサービスの開発や運用をに使われているフレームワークです。 ASP.NETの特徴 ASP.NETは今までのWebアプリケーション構築の基本だったHTMLの知識やHTTP通信の仕組み、ブラウザとサーバー間のデータのやりとりなどを抽象化して、GUIモデルによるアプリケーション開発が行えるようになっています。ただし、ASP.NETで作成されたWebアプリ0ケーションを動かすには ASP.NETホスティング サーバーが必要です。ページデザインは以前のASPと同じようにHTMLを直接記述することも可能です。その上、Visual Studioなどの開発環境を用いることでGUIによるページデザインができます。 ASP.NETはWindowsサーバーで動かす事が多いですが、Linuxサーバーで ASP.NETホスティング サービスも実現可能です。ASP.NETはHTMLやHTTP、JavaScriptなど従来のモデルを使用しているため、従来のWebアプリケーションと同様にWebブラウザで表示できるという利点があります。ただしその反面、WebブラウザやHTTPの制約に考慮して開発することが必要なのは従来通りであるため、Webアプリケーションが分からないプログラマでもWebアプリケーションを開発できるようになる魔法の杖ではありません。そして、ブラウザを認識して最適なHTMLを生成する以外、実行時に前回に実行したものと比較して、変更があるときにのみコンパイルをしてキャッシュしておくため、従来のASPより処理速度が速いです。    

海外サーバー なら100%稼働率のA&I Web

Posted in: ニュース- Feb 20, 2013 2 Comments

海外サーバー 利点・欠点、海外サーバー 種類 A&I Webで提供しております海外サーバーは4種類あります: 共用海外サーバー、専用海外サーバー、VPS海外サーバーとクラウド海外サーバーです。 共用海外サーバー 月額980円~ Linux/Windows/PHP/CGI/Tomcat/Coldfusion MySQL, PostgreSQL, MS SQL 2008 root権限無し お気軽にご利用いただけるホスティングサービスです。使いやすいコントロールパネル(日本語)をご利用でき、設定が初心者のお客様でもご利用いただけるよう丁寧にサポートさせていただきます。 個人様のWebサイト、写真ポルトフォリオ、初めてのWebサイトや待ち受けページ、小規模のWebショップに最適なサービスです。 共用 海外サーバー のご利用料金表はこちら 専用海外サーバー 月額16,000円~ Linux/Windows/FreeBSD等/専用回線有 root権限有り 完全にど独立したサービスで、お客様がサーバー1台を丸々ご利用いただくホスティングサービスです。他のWebサイトへのアクセスにより影響されないことはもちろん、高スペック高性能のため、大規模なWebショップ、アクセスの多い商用Webサイト、ポータルサイト、メディアやストリーミングWebサイトに適したサービスです。接続が安定しており、アクセス速度も他のサービスより早いため、予算の余裕がある普通のWebサイトにもお勧めです。最もパーワーのあるサーバー種類です。 専用 海外サーバーのご利用料金表 海外VPSサーバー 月額10,000円~ Linux/PHP/CGI/Tomcat/ 専用RAM,CPU root権限有り 一台の専用サーバーを数台のホスティングスペースに分けられているので、一見して共用サーバーホスティングサービスに似ていますが、Rootアクセス、専用RAMや専用CPUリソースが保証されていますので、どちらかと言えば、専用サーバーに近いサービスです。同サーバーへのアクセスが急に増えたとしても、共用サーバーのように影響がでません。設定の柔軟性、安定性を求めているが専用 海外サーバー ほどの高スペックがいらないお客様にお勧めです。 VPS 海外サーバーのご利用料金表はこちら クラウドサーバー 月額13万円~ Linux/PHP/CGI/Tomcat/MySQL 100%稼働率 root権限有り 最新クラウドネットワーキング技術を採用することによって、ホスティングサービスの初期費用を抑え、アップグレイド・ダウングレイドの時の手間やダウンタイムをゼロにすることができます。アクセス数の多いブログ、ソーシャルゲームのサイト(アプリ)、コーポレートサイトなどにお勧めいたします。 アクセス状況の応じて、サーバーの増設は数分以内に簡単に実現できます。ソフト開発や社内情報交換を効果的に行うため、VPNプライベートネットワークを構築できます。また、万が一の場合に備え簡単に復元できるバックアップ用のサーバを採用します。 クラウドサーバーのご利用料金表はこちら 海外サーバーの設置国 海外サーバーと言いますと、アメリカのサーバーを指していることが多いですが、当然ながらアメリカ以外の国々でもサーバーを借りることが可能です。ただし、アメリカはインフラが非常に発展しており、サーバーの管理費が一番安く実現できるので、ほとんどの海外ホスティング業者はアメリカのサーバーのみ提供しています。ところが、最近アメリカの法律は変わりつつあり、コンテンツの規制や著作権関係の規制が大変厳しくなっているので、アメリカのサーバーで対応できないケースがあります。その時、ヨーロッパの国々のデータセンター(フランス、オランダ、スウェーデンなど)で設置されているサーバーを借りる選択肢があります。ヨーロッパのサーバーをご検討していらっしゃる方はぜひ、A&I専用サーバーをご検討下さいませ。 海外サーバー日本語サポート ただし、フランス、オランダ、スウェーデンなどのヨーロッパのサーバー会社でサーバーを借りようとすれば、日本語どころか英語サポートさえしていただけないのは現実です。サービスをスタートして以来、ビジネスユーザのみなさまのご要望にお応えするため、私たちはグローバルなサポート体制の強化に努めてきました。これまでお客様には主にメールでのサポートを提供してきておりましたが、多くのみなさまよりご要望を頂いていた電話での24時間サポートもご提供するようになりました。A&I Web Hostingが運営しているデーターセンターの海外サーバーご利用いただく場合、24時間365日お客様をしっかりサポート致します。弊社のスタッフが親切・丁寧にご説明させて頂きます。ご質問がある方、どうぞお気軽にお問合せください。 海外サーバーの利点と欠点 海外サーバーと国内サーバーはどちらを選ぶべきか?新しいWebサイトや大きなWebプロジェクトを始める際、どのデベロッパーでも思い浮かぶ悩みです。海外サーバーと言うっても、設置場所、プロバイダー、スペックは様々ですから、比較しにくいのですが一番大きな違い下記の表に収まっています: 海外ホスティングサーバーの利点: アメリカに設置されている専用サーバーまたは共用サーバーは日本国内サーバーより安いです。同じスペックのサーバーと同じ帯域の回線を比較すると、アメリカのほうがデータセンターの規模が日本よりずっと大きく、土地や設備の値段が安いため、経費hが安く済みます。データセンターにはサーバー自動監視システム、リモート再起動など自動化システムが充実しており、人件費が抑えられます。最終的にはサーバーの値段も安いです。 国内サーバーの規約では国内サーバーにはアップロードできないデーター(アダルト系サイトなど)海外サーバーならOKのものもあります。(日本国内向けのサイトの場合は法律に準拠する必要があります。)国によって公開できるコンテンツとか販売できる商品が異なっておりますので、サーバーにデーターをアップロードする前に、詳しく調べる必要があります。 アメリカ、ヨーロッパなどの海外サーバーのデータセンターは大体地震、洪水、津波など自然災害が発生しにくい地域に設置されており、親善災害による長期的なサーバーダウンやデータ損失の可能性が非常に低いです。一方、日本は地震がよく発生する国です。地震などが発生した際、データセンター自体に異常が発生しなくても、データセンターが必要とするインフラー(電気回線、インターネット回線、電話回線、スタッフなど)に問題が生じた場合、長期的なサービス障害につながります。経済的に余裕を持つ大企業は国内にサーバーを維持しながらも、必ず海外にバックアップサーバーを設けています。 […]

ホスティングサービスの種類

Posted in: ニュース- Oct 04, 2012 1 Comment

無料のウェブホスティングサービス 無料ウェブホスティングサービスは“無料”だけあって、有料ホスティングに比べれば、機能が制限されています。また、広告が掲載されることも多いです。 ウェブホスティングサービス (共用サーバーとも言う) あなたのウェブサイトは数十から数百、多いものでは数千にも及ぶ他のサイトと同じサーバを共有します。サーバのメモリやCPUなども共用されます。共用ホスティングはホスティングリセラーを通して提供されることもあります。 リセラーによるウェブホスティング リセラーは再販のことで、ホスティング会社の顧客がそのホスティングサービスを自分で再販するということです。ホスティングプロバイダーによっては、リセラーのプランも異なります。共用ホスティングから始めて、リセラーが所有する専用サーバまで色々あります。 仮想専用サーバ (VPS、バーチャルプライベートサーバーとも言う)VPS サーバはいくつかの仮想専用サーバに分けられます。利用方法は専用サーバとそれほど変わらないので、それぞれの利用者は専用サーバを使っているようです。利用者にルート権限が与えられることもあります。 専用サーバー 利用者はウェブサーバを丸ごと使えるようになります。サーバの諸設定も変更できます。Linuxの場合はルート権限、Windowsの場合は管理者権限があるためです。それでも、顧客はサーバをレンタルするだけで、所有しているわけではありません。物理的なハードウェアまで顧客が自身で管理するというホスティングプランもあります。プロバイダーによる管理の手数が省かれるため、専用サーバプランの中でも自分自身で管理するプランは最も安いのです。その場合、安全と管理の責任は当然ながら顧客に移行します。 マネージド専用サーバー (専用管理ホスティングサービスとも言う) 専用管理ホスティングサービスは専用サーバのことですが、設定の大部分は利用者ではなく、ホスティング会社が請け負います。Linuxの場合はルート権限、Windowsの場合は管理者権限がありません。ただし、データの管理は顧客がFTPなどのツールを用いて自分で管理できます。ホスティング会社は、サービスの品質、安定した運営や安全を保証できるよう、全ての管理権限を顧客に与えていないのです。そのようなサーバは、通常レンタルサーバであり、顧客のものではありません。 コラケーション・(専用サーバーハウジングとも言う) コラケーションサービスは専用サーバに似ていますが、コラケーションの場合は顧客はサーバのハードウェアも所有しています。ホスティング業者は回線とデータセンターでの場所を提供するだけです。そのホスティングタイプは最もよいパフォーマンスを得られますが、ホスティング代は割高となります。ホスティング業者は電気、インターネット回線、場所のみならず、管理サービスを提供することもありますが、顧客は通常自分自身でデータセンターに訪れ、自分でハードウェアのアップグレードなどの変更を行います。

優良なホスティングサービスプロバイダーを選ぶ10のポイント

Posted in: ニュース- Sep 06, 2012 Comments Off

あなたのウェブサイトの性能は、あなたが選んだウェブホスティング会社のサービス水準と比例します。それ故に、ウェブホスティング会社選びは慎重に行いましょう。 優良なホスティングサービスプロバイダーを実際のところどのように選んだらいいですか?数百におよぶホスティング会社の中で、最もよい会社を選ぶことは容易ではありません。以下、ホスティング会社を選ぶ際に考慮すべきポイントを挙げてみます。 1. 技術的な問題に対するサポートとトラブルの解決 技術的な問題は常に起こり得ます。良いホスティング会社はどのようなときに問題が起こっても素早く対応してくれます。1日24時間、週7日、年365日(24x7x365)体制のサポートがなくてはなりません。また、専門的な知識を持つ熟練のスタッフも常時待機していなければなりません。 2. 詳細な利用規約 自社のサービスを誇張して宣伝しているホスティング会社もたくさんあります。宣伝だけを信じてはいけません。利用規約をよくお読みください。利用規約には提供されるサービス内容とサービスが提供されなくなる場合、また、ホスティング会社の責任について明記されているはずです。 3. 柔軟性 あなたのサイトのニーズに今後変更が生じる可能性も考慮しつつ、柔軟に対応してくれるプロバイダーを探しましょう。あなたのビジネスが拡大するにつれて、よりたくさんの容量、よりたくさんの転送量、より早いアクセススピード、最新の技術などが必要となるかもしれません。そのプロバイダーが各種変更などに対し、柔軟に対応してくれるかどうか予め把握されておいたほうがよいでしょう。 4. 担当者制のサポート 評判のいいホスティング会社は、技術的な問題に対応するため担当者を決定します。担当者が決まっていれば、決済のトラブル、サーバダウンなど問題が発生した際に、誰あてに連絡すれば問題が速やかに解決されるかすぐに分かります。あなたのホスティングプロバイダーが予め担当者の連絡先を知らせてくれているかどうか確認してみてください。 5. インフラ その特定のホスティングプロバイダーをご利用される場合、あなたのデータが自然災害、悪質なスクリプト、技術的な問題などから守られているかどうか確認してみてください。バックアップ、リカバリー、保護などの役割を果たすソフト・ハードウェアは、サーバやデータセンターをしっかり守っていなければなりません。 6. ホスティング会社の評判 いくつかの質問をしただけでホスティング会社とそのサービスの品質を判断するのは難しいことです。従って、評判のよい会社を選ぶほうがよいでしょう。日本で最も評価の高いホスティング会社のサービス利用を検討してみてください。ホスティングの安定性によって得られる利益はホスティング代をはるかに上回るはずです。 7. データセンターの場所 あなたのサイトが近くにあるサーバに入っている場合、検索エンジンはそのサイトがより上位に表示されるだろう、とよく言われています。ですので、ローカルの検索エンジンでより上位に表示されるためには、その国にデータセンターを保持しているホスティング会社を選んでください。例えば、日本のウェブサイトには、日本にデータセンターを持っているホスティング会社のほうが向いているのです。 8. ホスティングプランの検討 ホスティング会社は大抵いくつかのプランを用意してくれています。プランによって、サービスの特徴が異なります。あなたが必要とするサービスが、そのプランに全て入っているかどうかご確認ください。 9. 拡張性 拡張できるホスティングプランを選んでください。サイトの成長につれて、ホスティングのニーズも変更となるかもしれません。例えば、複数のメールアドレスやサブドメイン、ウェブ技術・ハードウェアのアップグレードなどが今後必要になるかもしれません。検討中のプランに、そのような拡張が常時できるかどうかチェックしてください。 10. ホスティング代 ホスティング代の安さにつられて品質を犠牲にしてはいけません。格安のホスティングサービスはサイトの評判に悪い影響を与えるかもしれないですし、あなたの収益を減らすものとなってしまうかもしれません。いいホスティングサービスプロバイダーを選択することで、サイトでも成功し、顧客にも満足してもらえるのです。 それぞれのホスティング会社が提供するプランを比較検討し、必要なサービスを全て含むプランをお選び下さい。

無料ホスティングサービスを利用する意味はありますか?

Posted in: Infos, ニュース- Aug 28, 2012 Comments Off

ホスティングを無料で提供しているオンラインサービスは数え切れないほどたくさんあります。その一つ、あるいは幾つかを既に試されたことがあるかもしれません。その使い心地に満足されましたか?サイトに掲載される広告を無くしたいと思ったことはありませんか? 実際のところ、無料ホスティングには、欠点も数多くあるのです。個人的なウェブページまたはご家族でのウェブページでしたら、無料ホスティングで十分対応できますが、商用ウェブサイトまたは訪問者数の多いウェブサイトとなると、無料ウェブホスティングは、下記の理由からご利用にあたって熟考されることを強くお勧めします。 無料ホスティングサービスの問題点: ①無料サービスの場合、何も保証されていません。サービスの提供が突如中止されるような場合でも、誰も損害を保障してくれません。 ②無料サービスの場合、通常広告が掲載されます。そのサービスをご利用されるあなたのウェブページも“広告媒体”となるわけです。 ③長いドメイン名を覚えてくれる人は、まずいません。 ④ご自身で商用サイト用のドメイン名を選べるのであれば、覚えやすいドメイン名を選びます。 ⑤消費者の立場から考えると、無料ウェブサイトを利用して商品販売またはサービスの提供している会社をあまり信用できません。 あまり知られていないのですが、有料ウェブホスティングの料金はそれほど高いものではありません。現状では、年々料金が安くなっており、オプション数がとても多いのが特徴です。商用サイトとしてご利用の場合には、有料ホスティングをお勧めします。

ホスティング会社の選び方

Posted in: ニュース- May 17, 2012 Comments Off

ホスティング会社を初めて選ぶお客様は、迷って当たり前です。まず、ホスティング会社が多い上に、その会社が提供するホスティングのオプションも多すぎて、どれがいいか見分けが難しいです。この記事では、ホスティング会社を選ぶ時に、注意すべきポイントを簡単に説明してみます。   ホスティング代 ほとんどの商品やサービスの場合は、高ければ高い程、品質が上がりますが、ホスティング会社の場合は、高いホスティング代といいサービスはかならずしも一致しているとは限りません。 どのホスティング会社のサーバーにも、必然的に問題が発生します。もう一回書きます。どんなに素晴らしいホスティング会社でも、そのサーバーに時々問題が起こります。それはサーバーの性質で、どんなに頑張っても防げるものではありません。もちろん、問題にも色々ありますが、問題が起こらないサーバーなんてありません。ですから、ホスティング会社の腕の見せ所は、どれだけ早くその問題を解決できるかということです。 サーバーを管理し、問題が起こった時にそれを速やかに解決するために、専門知識を持っているスタッフが必要です。 従って、ホスティング代が一番安い会社はまず止めた方がいいです。なぜなら、ホスティング代が安い会社はいいスタッフを雇うお金がなくて、スタッフの人数も少なくて、小さな問題でも解決するには長い時間が掛かります。 それでは、ホスティング代が高いからと言って、安心できるかそうでもないです。お客さんが支払うホスティング代は営業、宣伝など、サーバーの管理と直接関わらないところに使われるかもしれません。 つまり、桁違いに安いホスティングはとにかく止めた方がいいです。また、高いホスティングは高いだけで、それで安心してはならないということです。   稼働率 稼働率とは、サーバーが一定の期間でダウンしないで、ずっと稼動している比率です。稼働率は高ければ高い方がいいです。98%以上の稼働率があれば大丈夫です。稼働率は普通ホスティング会社のWebサイトに書いてあります。   ディスク容量 非常に多くのホスティング会社は顧客を招くために、ディスク容量を大げさに書いています。A社は200GBを月額2000円で提供するが、B社は2GBを月額2000円で提供するとしましょう。単純な計算でA社の方を選びますね。でも、それはかならずしもいい選択肢ではあります。A社は「どうせ普通の利用者が200GBが使えないから、多めに書いても損がない」というふうに考えています。その大げさな宣伝に引っかかった顧客はいざ200GBを使おうとすると、利用規約にある様々な但し書きを理由にホスティング会社から断られます。つまり、大量のディスク容量を非常に安く提供してくれる会社にする前に、その会社の利用規約を詳しく読んで下さい。   データ伝送容量 データ伝送容量を無制限とするホスティング会社があります。それはまず嘘です。データ伝送容量はかならず制限されています。利用規約を詳しく読めば、無制限は本当は無制限でないことが分かります。 また、どんなサイトにとってもデータ伝送容量は非常に重要なポイントです。ディスク容量の小さいサイトでも、人気になれば、データ伝送容量は一気に増えます。 すべてのホスティング会社は実質的にデータ伝送容量を制限するから、許可されている容量をオーバーした時の決算方法に注意してください。   24時間サポート 上述のように、どのサーバーにも問題が起こります。夜にも、土日にも、お正月にも、GW、お盆にも問題が起こり得ます。従って、サポートは年中無休24時間でないと、いつか困ったことになるかもしれません。 また、サポートの早さも重要なポイントです。それを試すために、ホスティングプランを申し込む前に、ホスティング会社に何か質問してみてください。対応が早いホスティング会社は後々のためにいいわけです。   FTP、PHP、Perl、SSI、.htaccess、telnet、SSH、MySQL、crontabsの有無 上記のツールと言語がサポートされていないと、ホスティングが使い物になりませんので、申し込む前に確認した方がいいです。また、今は大半のWebサイトはデータベースを使っています。MySQLなどのデータペースの有無が重要な条件になってきます。   新しいソフトウェアのインストール ホスティング会社の柔軟性も大事です。例えば、MySQLやPHPのバージョンが古くて、新しいバージョンに更新してほしい場合は、ホスティング会社はどこまで柔軟に対応してくれるか見てみてください。柔軟性のある会社であれば、後ほど余計な費用を抑えられるかもしれません。   コントロールパネル コントロールパネルも忘れてはなりません。例えば、Linuxサーバーは元来コントロールパネルがありません。黒い画面にDOSのコマンドを打ちたくない場合は、そのホスティング会社にCpanelなどのコントロールパネルがあるかどうかご確認ください。LinuxサーバーではCpanelが一般的で、WindowsではPleskが人気があります。   A&I Web ホスティングは、柔軟性と迅速なサポートを重視して、稼働率の高いホスティングを提供します。どうぞお気軽にお問い合わせください。

Linuxサーバー Windowsサーバー Ruby, PostgreSQL, MySQL, PHP5, EC

Posted in: ニュース- May 17, 2012 Comments Off

Linuxサーバー 、Windowsサーバーとは? 一般的には「Linuxサーバー」、「Windowsサーバー」と呼ばれていますが、正確にはLinuxのオペレーティングシステム(Operating System, OS)がインストールされているサーバーと、Windowsのオペレーティングシステムがインストールされているサーバーです。 オペレーティングシステムとは、パソコンの基本的な環境のことで、他のアプリケーションをインストールするために必要となります。日常生活では、Window 7、Windows XP、もしくはMacユーザーはMac OSを使っています。 サーバーにもオペレーティングシステムがインストールされています。そのOSはサーバーのニーズに最適化されているので、WindowサーバーにはWindow 7とかWindows XPではなくて、Windows Server 2008がインストールされています。 Linuxサーバーも同様です。サーバーのニーズに最適化されたLinuxのOSがインストールされています。 どうしてOSはそんなに重要かというと、一つのOS向けに開発されたアプリケーションは別のOSで起動しないからです。例えば、Mac用のアプリケーションはWindowsで起動しませんね。同じように、Windowsサーバー向けに開発されたアプリケーションはLinuxサーバーでは起動しません。 従って、サーバーの種類を決める前に、そのサーバーで何をやりたい?そのサーバーでどんなアプリケーションを使いたいか検討してみてください。 従って、サーバーの種類を決める前に、そのサーバーで何をやりたい?そのサーバーでどんなアプリケーションを使いたいか検討してみてください。   簡単に申し上げますとLinuxかWindowsかどちらを選ぶときのポイントは、Webサイトの開発言語で決まります。例えば、PHPかCGI+MySQL, PostgreSQLで作られたシステムを運用する場合、Linux系のサーバーをご利用ください。ASP, .Net Framework + MS SQLかAccessが採用されているWebサイトはWindowsサーバーが必要となります。逆に、Webサイトの開発言語を選ぶ際、サーバーのことを頭に入れて決断しなければなりません。 では、それぞれの項目でLinuxサーバーとWindowsサーバーを比較してみましょう: コスト: Linuxサーバーの場合、サーバー本体以外のコストはかかりません。OSライセンス料金、ファイアーウォールライセンス料金、データベース(MySQL, PostgreSQL など)のライセンス料金は一切かかりませんので、同じのスペックのサーバーでもLinuxのほうが安く借りることができます。Windowsサーバーの場合、サーバー本体のレンタル料以外に、Windows OS ライセンスレンタル料 月額4500円~、MS SQL Database Serverデータベースサーバーライセンス料 月額15.000円~、ファイアーウォールライセンス料 月額4000~ などの料金が発生します。   パフォーマンス: 基本的にはLinux系のサーバーのほうが早いです。なぜならば、OSの構成が優れており、余計なライブラリーやモジュールが入っておらず、グラフィックインターフェイス(GUI)もインストールされていないからです。そのおかげでWindowsサーバーよりサーバー本体のリソースを効果的に利用しており、同じアクセス処理数でもCPUの負荷が低いです。ただし、データベースのパフォーマンスを考慮しますと、今度、Windowsサーバーのほうが優れています。読み込み・書き込みのコマンドが非常に多いWebサイト(Webアプリケーション)の場合、Linuxで稼働しているMySQL, PostgreSQLよりも、Windowsで稼働しているMS SQLのほうが効率良くサーバーのリソースを利用してデータベースの処理を行えます。したがって、アクセスが多くて、複雑なデータベースシステムを利用しているWebシステムにはWindowsサーバー+MS SQL 2010が望ましいです。   セキュリティ: Linuxサーバー がWindowsサーバーよりセキュリティが優れているという意見がありますが、実際にはWindowsもLinuxも専門家によるセキュリティ対策が必要です。 まず、Linuxはオープンソースですので、だれでもコードを見てセキュリティホールを簡単に見つけることができます。それで、セキュリティフィックスは直ちにアップデートとして提供されるのが一般的です。Windowsの場合、コードは見れませんので、セキュリティの問題が比較的に発見されにくいですが、セキュリティの問題が発見されたら、それを治すにはしばらく時間が掛かるケースが多いです。 どちらのサーバーにも必ずファイアーウォールをインストールし、正しく設定する必要があります。すでに述べておりますように、Linuxの場合、標準で iptables というシステムがインストールされており、更に、APFもしくはCSFという優れているファイアーウォールを無料でインストールできます。Windowsのサーバーはファイアーウォールライセンスの購入が別途必要です。   サーバーのアクセス: WindowsサーバーはRDP (Remote Desktop)リモートデスクトップアクセスとうシステムがあります。まるで、家のパソコンを使っているかのように数千キロ離れたサーバーでもRDPで接続して設定できます。とても便利なシステムなんですが、サーバーのCPUとRAMを使っており、Offに設定することができません。Linuxの場合、リモートデスクトップは存在せず、コマンドラインしか利用できません。SSHでアクセスして、サーバー内の設定やファイル修正を行えます。Windowsのリモートデスクトップほど便利ではないかもしれませんが、サーバーのCPUやRAMに負荷を与えずに済みます。 […]